スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
隣のインド人
curry.jpg






皆様お久しぶりでございます。

いやいや、前回の更新から私的に大きな転身がございまして、忙しかったんですよ。
忙しくは無かったんですが、忙しいフリをしてたんですよ。




1月の13日に10年やってきた店を閉めました。
閉店です。 早い話がブッ潰しました。 いえ、夜逃げはしてません。

閉店しようと決意した理由は色々あります。
賃貸物件の更新時期とか、不景気とか、もう飽きたとか、金縛りが持病になったとか、乳首が痒いとか本当に色々あるんです。

でも、ぶっちゃけ1番の理由はやはり不景気と申しますか、売り上げの減少ですよ。 勿論。
笑いが止まらない位儲かってたら誰だって辞めないしー。

売り上げの減少自体にも沢山の理由があるんですが、中でも1番影響が大きかったのは飲酒運転の罰則強化ですかね。
ウチの店は駅から遠いロードサイドだったので100%のお客さんが車で来店してた訳ですよ。
そんな立地でそれまでの8~9年間、思いっきりワインなどの酒を売ってたオレも如何なのかとは思いますが、超高級イタリア料理を看板としていた手前、ワインも50種類以上揃え、客に無理矢理勧めていた訳です。 それが飲酒運転の罰金が法外な金額に値上がりした途端に、今まで平気で飲酒運転していらっしゃったお客様方々が全く来なくなってしまったんですからオレとしてはたまったもんじゃありません。 

お前等。 今まで飲酒運転してたくせに、罰金が値上がりした位でオレの料理を喰わないのか?と。 ドリンカードライバーとしてのプライドは何処に行ってしまったんだ?と。 昔のお前はそんなヤワじゃなかった。 他人からはどれだけ蔑まれようと信念を貫き通してたじゃないか!と。

と、少し思いましたが、この御時世、そんな事言ってられませんし。
事故られでもして共犯になってもヤだし。

しかし、酒が飲めないとなると、もうそのお客様は来店されないんですよ。
タクシーや代行を使ってまで行く事ねーや。 みたいな。
そりゃそーだ。 オレだって酒が飲めないなら外食なんて絶対しねーよ。

そんな訳で、コース料理っとワインを主力で売っていたウチの店にとっては大打撃でした。
上客の殆どを失ってしまった訳です。



で、去年の半ば頃から商品の全面チェンジや、いや、いっその事、看板も変えてイタリアン止めて洋食屋にしよう!等とも思っていたのですが、また借金して同じ場所で続けるのも芸が無いなと思い直しました。 移転も考えてました。 都内に移転して、何ならミシュランの星も狙っちゃうぜ? ・・・みたいな。  しかし、冷静に考えたら資金が足りないや。 ま、イイか。 とりあえず閉店しちゃお、と相成った次第でございます。

ま、同じ場所で同じ仕事するのにも正直飽きてたし、なんだかんだ10年も続けてきたんだからまあ閉めてもイイじゃんね?  と。








しかし、

辞めると決めてからが大変でした。
『閉める』と宣言した途端にお友達やら常連客やら滑り込みで大挙して来店するは、閉めるならオレがやるって言う同業者はぞろぞろ来るは、先にスタッフに言って暇を出していたのでオレとMAMIさんの2人だけで連日満席御礼の店で深夜まで全開で働きまくりました。


なんだよ、こんなにお客が居るなら普段からもっと来やがれ。


大量に在庫してたワインや食材もあっと言う間に使い切り、追加で大量に注文した位です。
冷蔵庫が空っぽになったら閉店しようと思ってたのに。 なんだよ。 結局余ったよ。
何やってんだオレ。


まあ、これだけの方々に支援されて頂いてたなんてありがたいお話です。
今までやってこれたのも全て皆様のおかげでございます。
ホントにありがとうございました。
感謝しております。(少し











と、

最後っ屁で大忙しのその間に、


あるインド人が店にやって来ました。
インド人です。 子供もインド人です。 多分。


オレも店を借りた時の状態(閉店したコンビニでした)に戻すのはお金も掛かるし、まだまだ使える厨房機器もあるんで、大家さんに了解を取って居抜きの状態で同業者に譲渡(少しお金も貰うけど)出来たらイイな、と思って業者さんに声を掛けてたんです。
2店舗目を探してるイタリア料理店オーナーとか、独立したい若き料理人とか店を見学に来てました。 そんな中、インド料理店チェーンを経営するインド人実業家(アグニ・ハヌマーン氏・48歳・仮名)が話を聞き付け見学に来てたんです。

話を聞いてみると、『ゼヒー、ヤリタイデスー』と言う事だったので大家さん紹介し、トントンと話が進み、ウチの店は来月からカレー屋になる事に決まりました。
イイじゃん。 カレー屋。 専門店みたいだし美味しい本格的カレーとナン、タンドーリチキンとサモサ(だったっけ?)をお出しすればきっと流行ますよ。




『ニホンジンスタッフボシューシテマスー。アンタドウーデスカー?』




あら、リクルートされてしまいました。
何? インド料理店で働けって?





嬉しいじゃないですか。 

オレもそろそろインド人になる頃かな、とは思ってたんですよ。

頭にグルグルとターバンを巻き、眉間にポチッと赤い点を書けば大体オッケーです。
ダブダブのズボンは普段から履いてますし。 何時も素手で飯食ってるしー。(熱い麺類以外は) 後は焼き肉屋で牛肉以外の物を注文する様に注意をしてれば完璧です。 



と言う訳で、

オレはインド料理屋でインド人として働く事に致しました。

このブログも次回から『上司はインド人』とタイトルを変えるつもりです。





・・・・つもりだったのですが、




『ボクー、インドジンチガウノ。 パキスタンジンヨーー。』



と、ムハマッド氏(仮名)が仰ったのでヤメにしました。
何だよ。 インド人になりたかったのに。 騙されるところだったぜ。

パキスタン人になるんだったら初めから練習し直しじゃないですか。
パキスタン人になったらベーコンやホルモン、生ハムやカツ丼が喰えないじゃないですか。
牛肉は食えなくてもイイけど、豚肉が食えなくなるのは辛いところです。


なので、誘って頂いたのは嬉しいけれど、丁重にお断り申し上げた次第でございます。




『ナンダヨー。 ヤンネーノカヨー。』と申しておりました。 ボビー・オロゴンか。







そうして、

先週からオレは完璧、完全、パーフェクトな失業者になりました。

店の掃除やら大量のゴミを捨てたりとかで1週間ほどは大忙しだったんですが、殆ど終わったし、ココのところ家に引きこもってます。 完璧な引きこもりニートです。

正直、大変楽しい毎日です。

お金もあんまり無いけど働かなくてイイし、毎日長時間ゲームをしたり読書をしたり、バスケして、犬の散歩して、飯食って大量の酒を飲んでます。 何かスッゲー充実してるんですけど。
 


ニート生活って素敵♪ 一生続けたい。



しかしまあ、何時までも無職ではいられないですね。

来月から就職活動でもしようか、と思ってます。 とりあえず。

職種は調理師で月給90万、賞与は10ヶ月、週休3日で6時間労働、みたいな仕事が上手く見つかるとイイな、って思ってます。

あったら紹介して下さい。 まあ、譲って週休2日でもイイや。 2時間位なら残業もするから。














じゃ。(昼間からビールを飲みながら










【今日のJUNK度】

 4インディアン



スポンサーサイト
別窓 | Eccentric ★ Italian! | コメント:4 | トラックバック:0
200801300138
| JUNK★FOODS |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。